偉人、著名人

良い靴を履いた女性は、決して醜くならない。by ココ・シャネル

良い靴を履いた女性は、決して醜くならない。
by ココ・シャネル

あなたは良い靴を履いていますか?

タイトルの言葉は、シャネルで有名なフランスのファッションデザイナー ココ・シャネルの名言です。
日本でも、「身だしなみは足元から」と言われていますし、イタリアのことわざには、「靴はその人の人格を表す」というものがあり、靴はおしゃれはもちろんのこと、人間性や性格をも表す重要なアイテムであることがうかがえます。

おしゃれやファッションと言えば、美しいドレスやパンツを思い浮かべる人が多いことと思います。
私たちが、人と会う際にも、どうしても目につくのはドレスやスカート、パンツだからです。
そして、自分が外出する際にも、どんな服を着ていこうかということには気を使いますが、靴にはあまり気を使わない人が多いことと思います。

しかし、どんなにおしゃれな服を身に着けていたとしても、汚れた靴やボロボロの靴を履いていたのでは、全てが台無しです。
シャネルは、「良い靴を履いている女性は醜くならない」と断言しています。
なぜなら、素敵な靴を履いている人というのは、足元にまで気を配れる人ということなので、それ以外のアイテムについても素敵なものを身につけるのが当然なのです。

どんなにおしゃれなファッションを身に着けていても、足元である靴が良いものでなければ、全てが台無しになることを忘れずにいたいものです。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い世界を創り出すために、国連が提唱している世界共通の行動目標です。

SDGsの活動をする際に、高い目標、大きなビジョンを掲げることはとても重要なことですが、そのことにとらわれるあまり、自分の足元を重要視しない個人や団体も見受けられます。
SDGsの活動を社会にアピールするために、過酷な使命を従業員に課したり、無理難題を押し付けるような行動をする会社も存在します。
目標8には、「働きがいも経済成長も」が掲げられており、働きがいのある働き方や職場、併せて経済成長も果たしていくことが求められているのです。

SDGsを重視するあまり、過酷な労働を強いることになったり、財政状況が悪くなるようでは何にもならないのです。
SDGsの活動をすることは良いことですが、それを前面に出しすぎて、足元にある大事なものを見失わないように気をつけたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。