偉人、著名人

バックミラーではなく、常にフロントガラスに集中しなさい。byコリン・パウエル

バックミラーではなく、常にフロントガラスに集中しなさい。
byコリン・パウエル

あなたは、後ろばかりを気にしすぎていませんか?

タイトルの言葉は、アメリカの政治家 コリン・パウエル氏の名言です。
人生を車の運転に例えた深い名言ですね。

私たちの人生は、車の運転と似ています。
私たちは、未来に向かって進んでいます。過去に戻ることはできません。
常に未来を意識しながら生きていかなければならないのです。
過去を気にしすぎてしまうと、前へは進めないわけです。

車の運転も同じです。
車の運転で最も大切なのは、フロントガラス、つまり前を向いて運転することは当然のことです。
バックミラーばかりを気にして、前を向くことをおろそかにしていたら、事故を起こす可能性が高くなります。
目的地はもちろんのこと、安全も危険も自分の人生も、未来にしかありません。
未来をどう切り開いていくかを考えていないと、どこへ向かうのか迷ってしまい、思い通りにいかなくなってしまうのです。
たまにはバックミラー(過去)をちらっと振り返ってみるのはいいですが、ずっと見続けていては、あなたの人生を危険にさらしてしまうことになりかねません。
過去はもう過ぎてしまったことです。
あなたの人生は未来にしか残されていないのです。
そのことを常に意識し、過去のことなどさっさと忘れて、未来をどう切り開いていくかを真剣に考えてみましょう。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsは、未来に向けての目標であり、過去の反省ではありません。
もちろん、過去の反省があってこそ、SDGsの目標ができたわけですが、私たちが考えなければならないのは、過去の出来事や人類の過ちを反省することではないのです。
私たちには未来しか残されておらず、それは「今」の連続でしかありません。

地球と人類の未来のため、私たちは、「今」何ができるのか、何をすべきなのか真剣に考えることが大切なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。