ことわざ

一寸の光陰軽んずべからず

一寸の光陰軽んずべからず by 朱子

あなたは時間を大切にしていますか?

タイトルの言葉、古代中国の朱子の詩の一節にあることわざです。

このことわざは、「少年老い易く学成り難し、一寸の光陰軽んずべからず」が原典です。

時間は決して止まることなく、流れていきます。そして、私たちの人生は決して長くないのです。
長くない人生なのだから、わずかな時間でも決して無駄にしてはいけないという意味です。

現在の情報化社会において、自分が得られる知識は、その中のほんの一部にしか過ぎません。
私たちは、生きている間、常に学ぼうという気持ちが必要です。この世の中、どんなに学んでも学びすぎるということはありえないのです。
学んで知識を得ることは人生を豊かにしてくれます。

私たちが年老いたとき、最も後悔するのは「もっと勉強すればよかった」という気持ちだといいます。
もっと学んでいれば、もっと豊かな人生が送れたはずだと思うのは、人として当然の気持ちでしょう。
後悔する前に、今、何をすべきですか?

あなたに残された時間は、限りがあります。あっという間に年老いてしまいます。
時間を無駄にしないでください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。