名言集

冷酷であっても親子の情愛を忘れてはならぬ。刃のような言葉を浴びせても傷つけてはならぬ。

冷酷であっても親子の情愛を忘れてはならぬ。刃のような言葉を浴びせても傷つけてはならぬ。
byウィリアム・シェイクスピア

あなたは、親に対し、または子に対し、傷つけるような行為をしていませんか?

タイトルの言葉は、シェイクスピア作の有名な悲劇「ハムレット」の中の一節です。親子愛の尊さを描いたシェイクスピアの傑作です。

私たち人は、周囲の人、他人を直接傷つけるような行為はほとんどしません。他人を傷つけてはならないという理性が働くからです。
しかし、親子や夫婦など身近にいる人間に対しては、遠慮なく傷つけてしまうことが多いのが実情です。

親子や夫婦は、他人とは異なり、深い絆で結ばれている関係であることから、少しくらい傷つけても構わないという感情になりがちです。しかし、親子や夫婦といえども、別の人格を持った人間であり、傷つけても構わないということにはならないのです。
反対に深い関係であるからこそ、あまりにも冷酷な言葉を発すると、その憎しみの深さが他人に言われるよりも深刻になることもありえます。

親子や夫婦というのは、深い愛情で結ばれているのみならず、将来に渡って長く付き合っていく関係です。
それだからこそ、冷酷な言葉や行動で傷つけてはならないのです。

むしろ他人に対するよりも、言葉や態度を改めて考え、行動すべきなのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。