偉人、著名人

経験を積んだ人は物事がこうであるという事を知っているがなぜそうであるかということを知らない。

経験を積んだ人は、物事がこうであるという事を知っているが、なぜそうであるかということを知らない
byマルティン・ハイデッガー

あなたは、物事の本質、存在理由を知っていますか?

タイトルの言葉は、ドイツの哲学者 マルティン・ハイデッガーの名言です。
経験者が陥りやすい感覚に関して、鋭く説いた哲学者らしい名言です。

ある物事について経験を積んだ人は、そのことの本質や特徴についてよく知っています。
長年に渡ってその物事について追求しているわけですから、当然といえば当然です。

しかし、経験者は、なぜその物事が必要なのか、存在理由については知らないことが多いとハイデッガーは説いています。
経験者は、物事の本質は知っていても、存在理由を知らないとは、いったいどういうことなのか?

例えば、銃砲店のオーナーを例に挙げましょう。
長年に渡って銃砲店を営んでいるオーナーは、銃に関する知識は豊富なはずです。
いろいろな種類の銃のそれぞれの能力、歴史、特徴など、膨大な量の詳細な情報をたくさん持っているからこそ、顧客に対し有益な情報を提供することができるというわけです。
しかし、銃の存在理由については知らないオーナーが多いのです。
ある一つの銃に関する特徴についてはよく知っていても、なぜその銃が作られたのか、その理由までは知らないオーナーが多いのです。

私たちにとって、物事の本質を知ることも大切ですが、物事の存在理由を知り、それを意識しながら行動すれば、もっと賢く、豊かな生き方ができるのではないでしょうか?

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
今日の名言は、経験者に関するものですが、SDGsは、これまでの経験を反省し、見直していくことを目指して目標設定するものです。
目標達成に向けて行動を実践していく際に、なぜそれが必要なのか、その理由も意識しながら行動を実践すれば、より確かな行動ができるはずです。
心得ておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。