偉人、著名人

想像は創造の始まりである。byジョージ・バーナード・ショー

想像は創造の始まりである。あなたは望むものを思い描き、思い描いたものを意図し、ついには意図したものを創り出すのである。by ジョージ・バーナード・ショー

あなたはいつも何を想像していますか?

見出しの言葉は、アイルランドの文学者であり、政治家、ジャーナリストとしても活躍したジョージ・バーナード・ショーの名言です。
想像が創造の始まりだと述べた、私たちに勇気を与えるような深い名言ですね。

私たちの心の中は想像でいっぱいです。
小さなことから大きな夢に至るまで、心の中でいろいろな想像力を巡らせて、一人でニヤニヤしていることが誰にでもあることと思います。
想像は、「こんなふうになったらいいなあ」という自分の願望の場合もあれば、「失敗したらどうしよう」などとマイナスに考えてしまうこともあります。

もしもあなたが、「こんなふうになったらいいなあ」という願望の想像をしているとしたら、それは創造の始まりかもしれません。
まずは頭の中で想像したことを「何から始めたらいいだろう」と、何をすればよいかを意図し、そして、ついには具体的に行動を起こして意図したものを創り上げるというわけです。
つまり、想像が創造の始まりなのです。

もしも悪い想像をしてしまうと、自分では意図しなくてもその方向へ進んでいってしまうことにもなりかねません。
だからこそ、人間は明るくプラス思考で生きていかなければならないと多くの哲学者は述べているのです。

あなたも、明るくプラス思考の想像をしてみてください。
それがあなたの夢を叶える始まりとなり、あなたの未来を明るい方向へと導いてくれるかもしれませんよ。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い社会を創り出すために、国連が発表している世界共通の行動目標です。

SDGsの17の目標は、「こんな世界になったらいいなあ」という未来の理想の姿、いわば想像の世界と言えるでしょう。
SDGsに掲げられている貧困や飢餓、人権侵害や環境問題が社会からなくなれば、どんなに素晴らしい世界になるのか、想像しただけでもワクワクします。
そして、想像できるということは、それを実現するために何をするべきかを考え、具体的に行動を起こすことが重要になるというわけです。
SDGsの活動は、想像を創造に変えていく一つの指標とも言えるのです。

私たちは、想像するだけではなく、持続可能な社会を「創造」していくエネルギーを存分に発揮して、これからも活動を続けていかなければならないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。