偉人、著名人

夕日を見て夢を見ないというのは、ほとんど不可能だ。byバーン・ウィリアムズ

夕日を見て夢を見ないというのは、ほとんど不可能だ。
byバーン・ウィリアムズ

あなたは夕日を眺める心の余裕がありますか?

タイトルの言葉は、イギリスの哲学者 バーン・ウィリアムズの名言です。
この名言を見て、あなたは何を感じましたか?
このイギリスの哲学者は、いったい何が言いたいのかよくわからないと思った方もおられるかもしれません。

この名言には、二つの解釈があると言われています。
一つは、「夕日の美しさに感動するからこそ、明日への活力がみなぎってくる」というものです。
人は、美しいものを見ると、嫌なことを忘れて胸が熱くなります。
皆さんも美しい風景を見て感動した経験があると思います。
そんなとき、私たちは美しさに心を奪われ、仕事や日常生活のことを忘れてしまい、元気になれるものです。
つまり、まるで夢を見ているかのような気持ちになれるというわけです。

もう一つの解釈は、「夕日を見ていたら、急にインスピレーションがひらめき、やりたいことが明確になる」というものです。
夕日を眺めているときって、心を無にしている状態で、何か深刻なことを考えている時間ではありません。
つまり、心に余裕、ゆとりがある状態です。
人の心に余裕やゆとりがあるとき、突然、インスピレーションがひらめいて、「あっ、こんなことをやってみたい」とか「面白いアイデアがひらめいた」なんてことがあるものです。
そんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
突然のひらめき、つまり、夢がひらめくということです。

人は、日々の忙しさ故に、美しい風景や夕日を眺めるゆとりすらない人がほとんどです。
人間は忙しい時間も必要ですが、時には心にゆとりを持つことも大切です。
あなたも今日の夕方、夕日を眺めてみてはいかがですか?

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの目標達成は、私たちにとって、いや人類にとっての悲願であり、夢でもあります。
もしも達成しなければ、地球や人類の未来は取り返しのつかない事態に陥ってしまうかもしれませんので、決して夢で終わらせてはいけないのも事実です。
そして、忙しい日々の中でも、ときどき夕日を眺める心の余裕も大切な時間です。
心得ておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。