偉人、著名人

シャッターを押すことよりも人々と良い関係を築くことが重要である。

シャッターを押すことよりも、人々と良い関係を築くことが重要である。
byアルフレッド・アイゼンスタット

あなたは、周りの人々と良い関係を築いていますか?

タイトルの言葉は、ドイツの写真家 アルフレッド・アイゼンスタットの言葉です。
人物撮影の写真家であるアイゼンスタット氏は、写真家は、写真を撮る技術よりも人間関係を築く方が大切だと述べており、とても深い名言ですね。

私たち人は、生きていくために仕事をします。
そして、仕事を円滑にできるようにするために、自分の技術、能力を高めていこうと努力し続けるわけです。

しかし、仕事の能力がどんなに高まったとしても、周りの人々との人間関係が悪ければ、良い仕事をすることはできません。
いつもイライラしていたり、怠惰心が強かったりするなど、人間性に問題がある人には、彼がどんなに高い技術力を持っていたとしても、仕事を依頼しようとは思いません。
つまり、仕事をする上で、最も重要な技術は良い人間関係を築くことなのです。
仕事そのものの技術力を高めることも、もちろん大切ですが、それは人間性が良い人には、もともと備わっている能力だと言えるのかもしれません。

良い仕事をするには、良い人間関係を築くことが最も大切であることを常に意識しておきましょう。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの行動実践も、一つの仕事と捉えれば、良い人間関係を築くことが最も重要と言えるのかもしれません。

SDGsの行動は、一人でも実践できますが、組織で大勢の人間が協力して行う方がより効果的です。
同じ目標達成に向かって、大勢の人と協力しながら行動していくためには、やはり良い人間関係が必須となります。

そのためには、自分自身が人間として成熟し、周りの人々と良い関係が保持できるように努めなければなりません。
SDGsの行動実践にも、良い人間関係が必須であることを意識して、今後も行動を継続してください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。