偉人、著名人

お互いの考えに違いがある状況を克服できなくても多様性を認める世界を創る努力はできる

もし今、お互いの考えに違いがある状況を克服できないとしても、少なくとも多様性を認めるような世界を創る努力をすることはできるだろう。
byジョン・F・ケネディ

あなたは自分と意見の違う人と認め合うことができますか?

見出しの言葉は、アメリカ大統領 ジョン・F・ケネディの名言です。

人はそれぞれ、自分の信念、考えを持って生きています。
そのため、相手と対立して議論したり、争ったりすることがあります。
そんなとき、相手の意見を否定したり、非難したりしたくなるものです。

しかし、相手の意見を否定する前に、相手の考えにも耳を傾けることは必要かもしれません。
自分の意見は本当に正しいのか、相手の意見にも一理あると思えないか、冷静になってよく考えてみることも大切なことかもしれません。

相手にはその考えに至った原因が必ずあります。
その人の立場や置かれた環境によって、そのような考えに至ったわけです。
何が正しいとか誤っているかではありません。

たとえ相手の考えに賛同できなくても、そんな考え方もあるのだと多様性を認めてあげることも、人として大切な心構えなのです。
そうすることによって、人としての感性が豊かになり、より広い視野でモノを見ることができ、人として成長できるはずです。

まずは、多様性を認めることから始めてみましょう。
きっと人生が豊かになりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。