偉人、著名人

楽しいときに笑うのは当たり前。苦しいとき、悲しいとき にもかかわらず笑おう。

楽しいときに笑うのは当たり前。”苦しいとき、悲しいとき” にもかかわらず笑おう。 by 斎藤茂太

あなたはどんなときに笑っていますか?

タイトルの言葉は、精神科医で随筆家の斎藤茂太氏の名言です。

私たち人は、楽しいとき、嬉しいときに笑顔になります。当然のことです。楽しいときに怒ったり泣いたりする人はいません。

しかし、苦しいとき、悲しいときはいかがですか?
苦しいときには苦しそうな表情、悲しいときには悲しそうに泣いてしまう、という人が多いと思います。

苦しいとき、悲しいときに、いつまでもクヨクヨ悩んでいても仕方がありません。クヨクヨしていても、何も解決しないのです。

それよりも、そんなときこそ笑ってみましょう。笑顔には心を前向きにする効果があると、医学的にも証明されています。

笑えば、苦しみや悲しみが少し癒えてくるはずです。それだけで、人間は前向きに行動できるのです。

いつでもどんなときでも笑顔でいる。意識しなければできないので、あえて意識して笑ってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d