偉人、著名人

人のために生きるとき、人生はより困難になる。しかし、より豊かで幸せにもなれる

人のために生きるとき、人生はより困難になる。しかし、より豊かで幸せにもなれる。
byアルベルト・シュバイツァー

あなたは世のため人のために生きていますか?

タイトルの言葉は、ドイツの医師で哲学者のアルベルト・シュバイツァーの名言です。

私たち人は、少なからず世のため人のために生きています。
私たちが生きているということは、だれかを喜ばせ、だれかの役に立っているわけです。つまり社会貢献しているというわけです。
私たちは、生きているだけでも誰かの役に立っているわけですが、世の中には、より多くの人を喜ばそう、社会貢献しようと頑張っている人も数多くいます。

大勢の人を喜ばせるために生きるというのは、とても困難なことです。
自分の身を削って、自分の時間や財産を払ってでも社会貢献するということはとても素晴らしく、美しいものですが、しかしとても難しいものです。
また、周りの人々の中には偽善だと批判する人も必ず現れ、つらい思いをすることが多いのも事実です。
しかし、世のため人のために生きている人ほど、心は豊かで美しく、幸せであることは間違いありません。

SDGsは、2030年までの理想的な世界を作り出すための世界共通の行動目標です。
世界中に人権侵害や迫害を受けている人がまだまだ数多くいる現代社会において、これらの問題を必ず解決するという心構えが大切です。
世のため人のために生きるというのは、まさにSDGsの実践そのものにほかならないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。