ことわざ

無知な者は黄金の壺の上を歩いていることに気が付かない。 -ミャンマーのことわざ-

無知な者は黄金の壺の上を歩いていることに気が付かない。
 -ミャンマーのことわざ-

あなたは目の前のチャンスをみすみす見逃していませんか?

チャンスとは、自分の未来を変えてくれる絶好の機会です。見逃してしまったら、もうつかむことはできません。

常に学習し、多くの情報を持っている人は、目の前にチャンスが訪れるとそれをつかむことができます。なぜなら多くの情報を持っている人は、目の前のチャンスが有益な情報だと知っているからです。
いつも目を光らせ、チャンスが現れたらすぐにつかむことができるのです。
つまり、チャンスをつかめる人は、自分の目の前のチャンスを次々とつかむことができます。

無知な人は、チャンスが目の前に現れても、有益な情報かどうかの判断ができないか、チャンスが現れたことさえ気付かないこともあります。
無知な人はチャンスがいつ現れるかも、何がチャンスなのかもわかりません。

チャンスをつかめる人は、多くの情報を持ち、常に目を光らせ、何が有益なものかを判断できるので、次々とチャンスをつかみ、成功するのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。