偉人、著名人

人種差別は魂の病だ。悲劇はその治療法が、まだつかみとれないことだ。

人種差別は魂の病だ。どんな伝染病よりも多くの人を殺す。悲劇はその治療法が手の届くところにあるのに、まだつかみとれないことだ。
byネルソン・マンデラ

あなたは差別意識を持っていませんか?

見出しの言葉は、南アフリカ共和国の元大統領 ネルソン・マンデラ氏の名言です。
今回は、人種差別という深くて重いテーマを書いてみます。

人種差別は、世界中の国で起きている問題です。
肌の色や生まれた場所が違うというだけで、憎悪の感情を持ち、暴力や殺人まで起こっているわけです。
また、職業選択や結婚、住む場所などに関しても人種の違いだけで不当な扱いをされてしまうケースも多々あります。

人種が違うというだけで、酷い扱いをされるとすれば、こんな理不尽で不条理なことはありません。
差別される人には、全く責任や罪はないわけですから。

人種以外にも宗教や文化、言語や地域、身分や階級といった差別がありますが、これらの差別すべてが、当人に責任はなく、正当性は全くないと言えるでしょう。

差別意識は、私たちの心の中に存在する意識なので、その対処法は、ひとりひとりの意識を変えるという単純明快な方法なのです。
しかし、世界中の人々から差別意識をなくすことは、現代では実現していません。

SDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」には、さまざまな種類の差別をなくそうという目標が掲げられています。
人々の心から差別意識をなくすことは理屈ではないのかもしれませんが、「差別」のない世界を創ることが、人類の最も重要な課題であることを心得ておきたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。