偉人、著名人

心配したことは決して起こらず、予想しなかった困難や苦情が突然現れる。

心配したことは決して起こらず、予想しなかった困難や苦情が突然、ほとんど対処しがたい障害となって現れる。 by ピーター・ドラッカー

あなたはいつもクヨクヨ何かを心配していませんか? 突然のトラブルに冷静に対処していますか?

この言葉は、ドイツの学者 ピーター・ドラッカーの名言です。

私たち人間には、心配事がつきものです。自分のことばかりではなく、家族や仕事のことなど将来起こりうるトラブルを心配して不安になります。
でも、今はまだそのトラブルは起こっていませんよね。
つまり、将来のトラブルを自分が勝手に予想して不安になっているのです。

世の中のトラブルの95%以上は、前もって心配していたことは起きないとされています。
つまり、心配していたことは、実際には起きないことがほとんどなのです。世の中で起こっているトラブルはほとんどの場合、予想外の出来事なのです。予想していたトラブルは起きず、予想していなかったトラブルが起きている。それが現実なのです。

そして私たちは、予想外のトラブルが起きたとき、困惑しながらも対処しているのです。いや対処せざるをえないという表現が正しいかもしれません。

つまり、私たちは今起きてもいないトラブルをクヨクヨ心配しても仕方がないのです。トラブルは予想どおりには起きないのです。起きてから対処するしかないのです。

心配しても仕方がない。この言葉を思い出すと、少し楽に生きられるかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。