偉人、著名人

自分を信じるのに理由はいらない。by 安田佳生

自分を信じるのに理由はいらない。
by 安田佳生

あなたは自分を信じていますか?

タイトルの言葉は、実業家で作家でもある安田佳生氏の名言です。
「自分を信じるのに理由はいらない。」
シンプルですが、胸に刺さる深い名言ですね。

「自分を信じろ」
子供の頃からよく言われてきた言葉ですね。
誰もが一度は言われたこと、もしくは誰かに言ったことがある言葉ではないでしょうか?

自分を信じて行動しようというのは、よく言われる言葉ですが、そこには「なぜ?」という疑問符は必要ありません。
「なぜ自分を信じられるのですか?}という答えを探すことは無用なのです。

なぜなら、自分を信じる理由を探し出すと、何も思い浮かばなかったり、自分を信じることができない理由を探すようになってしまうからです。

自分にどんな能力があるのか、過去に成功したことがあるかなど、余計なことを考えすぎてしまうと、自分を信じられなくなり、何も行動できなくなってしまいます。
目標に向かって行動を始めるとき、未来の夢と希望のために行動しようとするときに、自分の能力だとか過去の実績などは、大して重要な要素ではないのです。
最も大切なのは、未来に向かってやりたいという気持ちです。
できるかどうかを考えるのではなく、やりたいと思う気持ちのほうが大切なのです。
できるかどうかなんて、やってみなければ誰もわかるはずがありません。
だから自分を信じるしかないのです。そして、理由なんか考える必要はありません。

物事や人間の行動には全て理由があります。
なぜそのような行動を取ったのか、なぜそうしなければならないのかなど、必ず理由はあるわけです。
そして、「自分を信じる」ことに関しても、当然のことながら理由はあります。
その理由は、おそらく「自分がやりたいと思ったから」とか「できそうな気がするから」など、たいした理由ではないのです。
だからこそ、理由は要らないということなのです。常に心得ておきましょう。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い社会を創り出すために、国連が発表している世界共通の行動目標です。
SDGsの活動をする際にも理由なんて必要ありませんし、自分を信じて行動するしかありません。

「なぜSDGsの活動をしているのですか?」という質問の答えを探す必要などないのです。
あえて答えるならば、地球と人類の未来を少しでも改善したいと思ったからということになるわけですが、SDGsに関心のある人は全て心得ていることなので、あえて口に出すことではないのです。

私たちは自分を信じて、目標達成を信じて、前を向いて活動を続けていかなければなりません。
理由なんて考えるのではなく、目標に向かって突き進んでいきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。