偉人、著名人

何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。

何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。
byフィンセント・ファン・ゴッホ

あなたは後悔したことがありますか?

タイトルの言葉は、オランダのポスト印象派の画家 フィンセント・ファン・ゴッホの名言です。
後悔することは、人生においては日常の至極当然の感情であり、むしろ後悔しない方が空虚だと述べた深い名言ですね。

私たちの人生は、後悔の連続です。
一度も後悔したことのない人は、おそらく世の中には存在しないでしょう。
後悔には、「あのとき、なぜあんなことをしてしまったのだろう」という「やってしまった後悔」と、「あのときなぜできなかったのだろう」という「やれなかった後悔」の二つです。
いずれにしても、後悔とは、過去の出来事であり、時間を巻き戻してやり直すことはできません。

「やってしまった後悔」は、行動を実践した結果、うまくいかなかったり、恥ずかしい思いをすることです。
これは、勇気を持って行動した結果なので、今後は同じ失敗を繰り返さないように学習したと思えば、今後の人生に活かせるはずです。
「やれなかった後悔」は、本当はやりたかったけれど、自信がなくて、勇気を出せずに行動できなかったことです。
これは、練習したり、知識を得たりして、次にチャンスが訪れたときに行動実践すれば良いのです。

後悔とは、今後の人生に活かせる教訓として神様から贈られたプレゼントです。
後悔のない人生なんて、何も行動しなかった、もしくは何も行動しようとは思わないという感情であり、夢も希望もない空虚な人生と言えるのではないでしょうか?

あなたに夢や希望がある限り、これからも後悔することは大いにあるかと思います。
しかし、後悔することが、次へのステップの足掛かりであることを常に意識し、これからも積極的に行動していきましょう。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い世界を創り出すための国連が提唱している世界共通の行動目標です。
SDGsの活動をしていると、自分の思い通りにうまく行かずに後悔することが多々あるかもしれません。

もしも後悔したり、失敗することがあっても、くじけずに前を向いて行動を継続してください。
後悔や失敗は、あなたが積極的に行動していることの現れなのです。
何も行動しない人は、後悔することもなければ、失敗することもありません。
後悔するということは、あなたが積極的に行動を積み重ねているからこそ、生まれる感情であり、それは社会貢献とあなた自身の人としての成長につながっています。
したがって、後悔する感情をむしろ誇りと自信に思うべきなのです。
SDGsの行動実践は、後悔の連続だと思いますが、胸を張って行動を継続していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。