偉人、著名人

精神が高く健康に育っていくほど、その人は突飛的な笑いや下品な高笑いをしない。

精神が高く健康に育っていくほど、その人は突飛的な笑いや下品な高笑いをしなくなるものだ。
byフリードリヒ・ニーチェ

あなたは、どんな笑い方をしていますか?

見出しの言葉は、ドイツの哲学者 フリードリヒ・ニーチェの名言です。
笑い方によってその人の人格や健康状態がわかるものだと述べた深い名言ですね。

笑い方にもその人の人格が現れるものです。
大口を開けて高笑いしている人や、腹を抱えて笑い転げる人を見て、上品だと思う人はいないでしょう。
それに、他人の失敗を見て、バカにしたように笑う人は、見ていて気分が悪くなりますし、下品で見苦しい姿と言えるわけです。
つまり、笑い方にも品が求められるというわけです。

心身ともに健康で、愛情深く、向上心が高い人は、笑い方にも特徴があります。

そんな人格の人であれば、きっと笑顔を見せることは多いはずです。
むしろ普通の人よりも多いかもしれません。
しかし、それは微笑み(スマイル)であり、大きな声で笑ったりはしていないはずです。

他人の笑顔を見ると、自分もつられて笑顔になることがありますが、それはスマイルを見たときであって、高笑いしている人ではありません。
高笑いしている人を見れば、気持ちが引いてしまい、笑顔どころか、むしろ気分が悪くなってしまうはずです。

笑い方にもその人の人格や精神状態が現れます。
そして周りの人もそれを見ています。
笑い方によって人の印象が変わってしまうこともあります。
気をつけましょう。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い社会を創り出すために、国連が提唱している世界共通の行動目標です。

SDGsの活動をする際に、笑顔を意識することは大切ですが、できれば大声で下品に笑うことは避けた方がいいかもしれません。
大声で笑う人を見て、気分が良くなる人はいません。むしろバカにされたように感じ、嫌悪感を抱かれることでしょう。

また、SDGsの活動をしていると、周りから笑われることがあるかもしれませんが、全く気にすることはありません。
その笑い方が、スマイルであれば、あなた方に好感を持ち、応援してくれる気持ちが強いことがうかがえます。高笑いであれば、バカにしていることがうかがえるわけです。
笑い方によっても、その人の精神状態や人格が現れるのは面白いですね。

私たちとしては、しかめっ面で活動するのではなく、できればスマイルで活動できればいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。