ことわざ

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
(きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ)

知らないことを知らないまま放置していませんか?
人に聞くことを恥だと思っていませんか?

このことわざ、子供の頃に大人からよく言われた言葉で、よく知られている名言ですね。

知らないことを人に尋ねるのは勇気が要ります。周りの人の目が気になり、自分の無知を人前に晒すような気持ちになるからでしょう。

勉強や仕事をしていて、自分が知らないことを人に聞いて笑われることはまずありません。周りの人だって聞いた人を変だとは思わないはずです。何度も同じことを聞いたら別ですが。

それよりも、知らないままで放置しておくと、後になって無知であることがバレたとき「さっき説明したでしょ!」と人の反感を買うことにもなりかねず、恥をかくことになるのです。

このことわざは、子供のためだけの教訓ではありません。
大人、ビジネスにおいても言えることです。
知らないことを知らないままに放置しない、生きていく中で大切な教訓です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。