偉人、著名人

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。

自分のことを、この世の誰とも比べてはいけない。それは自分自身を侮辱する行為だ。
byビル・ゲイツ

あなたは、誰かと自分を比べていませんか?

タイトルの言葉は、マイクロソフト社の創業者 ビル・ゲイツ氏の名言です。
人生において、他人と比べることの無意味さを述べた深い名言ですね。

人はよく、他人と自分を比べて、「あの人はとても優れていて羨ましい。私はダメな人間だ」なんて思うことがあります。
また、反対に「あの人はダメな人間だ。私の方がまだマシだ」と思うこともあるかもしれません。

自分と誰かと比べて、劣等感を感じたり優越感を感じるのはよくあることだと思いますが、そんなものは何の意味もありません。
なぜなら、相手は自分とは違う人間だからです。

相手が自分よりも優れた部分もあれば、劣っている部分もあるのは当たり前であり、それが何の意味があるというのでしょうか。
相手には相手の人生があり、自分には自分の人生があります。
自分はひとりの人間として、自信を持って生きていけばよいのです。

自分は相手よりも、この部分が劣っているとか優れているとか、そんなくだらない何の役にも立たない感情に振り回されないでください。
あなたはあなたの進むべき道を自信を持って生きていけばそれで良いのです。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの目標設定や行動実践は、自信を持ってゴールに向かって突き進んでください。
誰かの目標設定と比べて、自分の目標が優れているとか劣っているとか、そんな無意味で無益な感情に振り回されないでください。

あなたは、地球と人類の未来のために行動しているのです。
他の誰かと競争しているわけではないのです。
他のライバルを見て、気持ちを刺激されて奮起するのはよいことですが、自分の目標に自信を持って、自分のできることを精一杯努力すればそれで良いのです。
SDGsが、誰のための行動か、何のために行動しているのかを改めて考えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。