偉人、著名人

人間が完全に自然から離れることはない。あくまで人間は自然の一部だ。

人間が完全に自然から離れることはない。あくまで人間は自然の一部だ。
by エーリッヒ・フロム

あなたは自然を愛していますか?

タイトルの言葉は、ドイツの社会心理学者で精神分析学者でもあるエーリッヒ・フロムの言葉です。
「人間は自然の一部だ」と述べた、私たちの胸に突き刺さる深い名言ですね。

私たちがこの社会で生存できるのは、地球という星に生まれ、水や大気、木々や動物たちに囲まれているからに他なりません。
つまり、自然があるからこそ、生きていけるわけです。
そして、私たちの体は60~70%が水分と言われていますが、体を構成するすべての成分が自然界にある成分でできており、自然の一部なのです。

私たちはよく「自然を大切に」という言葉を言いますが、そんなことは至極当然のことであり、自然というものが破壊されてしまえば、私たちはおろか、全ての生き物は生きていけないのです。

自然は私たちにとってかけがえのない唯一無二の価値あるものであるにも関わらず、人間は自然を破壊し続けています。
自然環境を悪化させることを何の躊躇もなく、やり続けており、自分たちの便利さだけを追求しているのが現状なのです。
私たちの体も自然の一部だということは、自然を破壊し続けるということは私たちの体を破壊し続けることと同じことなのに、人間は自分たちの便利さのためだけに、自然を破壊し続けているのです。
こんな愚かな生き物が他にいるでしょうか?

将来、どんなに技術革新が進もうとも、私たちは自然から離れることはできません。
生きていくための基礎である自然をどうするべきか、改めて考える必要があるのです。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い世界を創り出すために、国連が提唱している世界共通の行動目標です。
SDGsの目標の中にも自然環境保護に関する目標が多く掲げられています。
SDGsの活動といえば、真っ先に環境問題を思い浮かべる人も少なくないことでしょう。

環境問題と言っても、二酸化炭素を削減するための地球温暖化対策だけではありません。
食品ロスやリサイクル、廃棄物問題、生物多様性や砂漠化などさまざまな環境問題が山積しています。
また、環境問題が貧困や飢餓、健康問題や紛争やテロを引き起こす原因となる事案も多々発生しており、環境以外の課題に拡大していくこともあります。

自然をおろそかにすることは、私たちの生存そのものを脅かすことにもつながります。
今一度、環境問題について真剣に考えていく必要がありそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。