名言集

失敗した時のことを考えていたら何も前には進まないでしょう。

失敗した時のことを考えていたら何も前には進まないでしょう。
by弘兼憲史 作「課長島耕作」より

あなたは、失敗を恐れるあまり、行動を躊躇していませんか?

タイトルの言葉は、弘兼憲史氏の漫画「課長島耕作」より、主人公 島耕作のセリフの一節です。
社会人の心得として、常に意識しておきたい名言ですね。

私たちは、初めてのことに挑戦するときや、新しい仕事を始めようとするとき、「失敗するかもしれない」と考え、行動を躊躇してしまうことがあります。
初めての挑戦、新たな仕事を始めるわけですから、恐れる気持ちが生じてしまうのは、もちろん仕方がないことかもしれません。
しかし、失敗を恐れていては前へは進めないのです。

私たちは、子供の頃から新たなことへの挑戦を続けてきました。
そして失敗もたくさん経験してきました。
失敗を乗り越えてきたからこそ、人は成長し、今の自分の能力を身に着けてきたわけです。
「失敗するかもしれない」とか「恥をかくかもしれない」などと、行動する前から恐れてしまい、実行しなければ、何も進まないのです。

もちろん、成功を目指して事前に準備をすることは必要です。
何も準備をせずに無鉄砲に突っ走ればよいというわけではありません。
しかし、結果を恐れすぎて、何も行動に移せないのはもっとダメです。
たとえ失敗しても、命まで取られるわけではないのです。
単に少し気持ちが沈み、少し恥をかくだけのことです。
失敗なんか恐れずに、実行あるのみ。この気持を常に持ち続けましょう。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの17の目標は、どの目標も容易に解決できる項目ではありません。
今の状況で既に、全ての目標を2030年までに達成することは困難とも言われているのです。
しかし、私たち自身が目標達成を諦めてしまっては、絶対にいけません。
諦めるということは、目標の未達成が決定的となってしまうからです。
SDGsの目的は、地球と人類の未来を守り、より良い世界を創ることにあります。
今のままの生活を続けていくと、近い将来、地球と人類は本当に破滅してしまうのです。
現代に生きる私たちの使命として、今、行動を実践しなければならないのです。
もちろん、目標達成を信じて・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。