偉人、著名人

何かをやりたいと願い、それが実現するときは、不思議なくらい他人が気にならない。

何かをやりたいと願い、それが実現するときというのは、不思議なくらい他人が気にならない。
by 角田光代

あなたは、他人の目が気になりますか?

見出しの言葉は、小説家 角田光代氏の言葉です。
人が夢を実現させたいと本気で思ったとき、他人のことが気にならないと述べた深いメッセージですね。

人はだれでも、夢や目標を持って、努力しようとするときがあります。
そんなとき、他人の目や声が気になって、躊躇してしまうことがあります。
自分の考えや行動について、「他人からどう思われるだろうか?」とか「他人から批判されたり、反対されたらどうしよう」などと、他人の目や声が気になって仕方がなくなるときが、誰でも経験があると思います。

もしも他人の目や声が気になって、自分の行動に制限がかかってしまうとすれば、それはあなた自身が、その夢や目標に本気ではないということになります。
夢や目標に対して、「本当に実現できるだろうか」と不安や心配になっているから、他人のことが気になるのです。
あなたが本気で夢や目標を実現したいと考え、絶対に実現できると信じているなら、他人の目や声なんて、まったく気にならなくなります。
不思議なことですが、これは本当です。

プロ野球選手など、プロのスポーツ選手になるような人たちが、夢を実現する前、子供の頃に自分の夢を語るとき、周りから反対されたり、「お前には無理だ」と言われたという話は、数多くのプロスポーツ選手が経験しています。
その声に負けて、プロになるのをあきらめた人も多いと思いますが、そんな周りの声など気にせずに、絶対に叶えてやると強い気持ちで努力した人こそが、夢を叶えることができるのです。

本気で実現できることを願い、本気で努力をし、それが実現できる人は、他人のことなどまったく気にならないのです。
もしもあなたが、他人のことがまったく気にならなくなったとき、夢の実現はもう間近なのです。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い世界を創り出すために、国連が定めている世界共通の行動目標です。

SDGsの活動をしていると、「そんな目標は無理だ」とか「SDGsなんて偽善だ」などと、反対したり、批判する人が現れるかもしれません。
しかし、あなたが真剣に取り組んでいるとしたら、そんな声など気にならなくなると思います。
もしも他人の声が気になるようでしたら、あなた自身が目標達成に疑問を持っているか、本気で取り組んでいないということになります。
他人の声を気にしすぎて、活動をやめてしまうとすれば、それが本当に正しい行動なのか、よく考えてみてください。

私たちは、未来の地球と人類のために、より良い社会を創り出そうと活動しているのです。
他人のことなど気にせずに、自分たちの信念に基づいて、これからも活動を続けていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。