偉人、著名人

悪い仲間と共にあるより、孤独が良い。byジョージ・ワシントン

悪い仲間と共にあるより、孤独が良い。
byジョージ・ワシントン

あなたは悪い人たちと付き合っていませんか?

タイトルの言葉は、アメリカの初代大統領 ジョージ・ワシントンの名言です。

私たちの人生には、さまざまな人間との出会いがあり、付き合いがあります。
人は、どんな人物と出会うかによって、その後の人生に大きく影響してしまうわけであり、どんな人と付き合うべきかを見極めなければなりません。

ジョージ・ワシントンは、悪い仲間と付き合うくらいなら、孤独でいるほうが良いと断言しています。
この場合の悪い仲間というのは、違法行為や犯罪を犯すような人物、いわゆる悪人と呼ばれるような人はもちろんですが、たとえ善人であっても悪い仲間というのはいるものです。

例えば、あなたが夢や目標を語ったときに、それを馬鹿にしたり反対したりするような人物も良い仲間とは言えないのです。
たとえその人に悪意がなく、あなたを心配しての発言だったとしても、あなたの足を引っ張る存在であることに変わりはないからです。

本当に良い仲間というのは、あなたの夢や目標を心から応援し、背中を押してくれる人々のことであり、あなたが夢を追いかけているときに、必ず現れます。
良い仲間と一緒に人生を歩むことで、あなたの人生はより充実し、豊かなものになることでしょう。

SDGsの目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」は、様々な国や立場、業種を超えて皆で協力して目標を達成しようという行動目標です。
良い仲間との協力連携で、目標達成できるよう努めていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。