偉人、著名人

人生とはコーヒーのようなもので、濃くなればなるほど活力が増す。

人生とはコーヒーのようなもので、濃くなればなるほど活力が増す。
byアンキタ・シングハル

あなたは、濃い人生を送っていますか?

タイトルの言葉は、インドの作家 アンキタ・シングハルの名言です。
人生をコーヒーに例えて、ユニークに表現した濃くて深い名言ですね。

人生とは、「濃くなればなるほど活力が増す」とは、まさに的を得た名言ですね。
それでは、「濃い人生」とはどのような生き方を言うのかを考えてみましょう。

濃い人生を歩んでいる人というのは、大勢の人に信頼され、尊敬され、愛されている人物だと言うことが想像できます。
しかし、いわゆる成功者と呼ばれるような大きな功績を上げたり、組織のトップに立つような人物を目指せという意味ではありません。
濃い人生とは、一言で言えば「幸福な人生」を送ることだと言えます。
幸福な人生とは、人それぞれに価値観が異なりますが、豊かで充実した生き方をすることだと言えます。
生きていくには、ある程度の知識や能力は必要ですし、人に信頼される人間性も不可欠です。
そして、その知識や能力、良い人間関係が深まれば深まるほど、私たちは生きていく活力が増していくというわけです。
あなたも「濃い人生」を生きるために、自分は何をするのが最善かを考え直してみてはいかがでしょうか?

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの目標4には「質の高い教育をみんなに」という目標が掲げられています。
「知識は力なり」という格言がありますが、物事をよく知ることは大きな力となり人生を豊かにしてくれます。
それこそ「濃い人生」を送ることのきっかけになるわけです。
世界には、小学校さえまともに行くことのできない子どもたちが大勢存在しており、それが途上国の発展を阻害しているともいえるわけです。
知識、能力を高めることが人生の幸福、豊かさにつながることを常に意識し、自分たちに何ができるのかを考えてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。