偉人、著名人

たくさん経験をしてたくさん苦しんだ方が死ぬときにああよく生きたと思えるでしょう

たくさん経験をしてたくさん苦しんだほうが、死ぬときに、ああよく生きたと思えるでしょう。逃げていたんじゃあ、貧相な人生しか送れませんわね。
by瀬戸内寂聴

あなたは、たくさんの苦しみを経験していますか?

見出しの言葉は、小説家で尼僧の瀬戸内寂聴氏の名言です。
人生の醍醐味を述べた深い名言ですね。

私たちは、人生の中で、できる限り嬉しいことや楽しいことを経験したいと願い、できれば苦しみや悲しみは経験したくないと思います。
苦しみや悲しみの好きな人はいませんので、当然といえば当然ですが、寂聴さんは、「苦しい経験をいっぱいしなさい」と述べています。

寂聴さんの言う「苦しいこと」とは、新しいことや困難なことに挑戦するという意味の苦しみです。
故意に自分の身体を傷つけたり、精神的に追い詰めることではありません。

新しいことや困難なことに挑戦するということは、必ず苦しみが伴います。
人生で初めてのこと、難しいことに挑むのですから、楽なはずがありませんよね。

しかし、挑戦を続けているうちに、最初はうまく行かなくて苦しかったことが、少しずつうまく行くようになっていき、面白さを感じたり、楽にできるようになり、嬉しい気持ちになっていくものです。
挑戦を続けるということは、自分の能力や知識が高まり、成長していけるということです。
つまり、豊かで充実した人生につながるというわけです。

私たちは、いくつになっても、新しいこと、困難なことに挑戦する気持ちを忘れないでいたいものです。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。

SDGsの目標設定および行動は、私たちにとっては新たな挑戦、困難な挑戦でもあるので、最初は苦しいかもしれません。
しかし、行動を継続しているうちに、興味深さや楽しみを感じるようになります。

具体的な目標数値が上がっていくのを見て、モチベーションが上がることもしばしばです。
苦しみを乗り越えた先には、輝かしい未来と感動が待っています。
目標達成に向けて、行動を継続していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。