偉人、著名人

本当の優しさとは、相手を理解し、相手の心情を思いやる想像力を持つことです。

本当の優しさとは、相手を理解し、相手の心情を思いやる想像力を持つことです。
by 瀬戸内寂聴

あなたの優しさは、相手の気持ちを理解していますか?

タイトルの言葉は、小説家で尼僧の瀬戸内寂聴氏の名言です。
優しさとは、自分本位な一方的なものではなく、相手の気持ちを理解することだと述べた深い名言ですね。

皆様は、優しさとは何かを考えたことがありますか?
優しさとは、例えば、困っている人やつらい思いをしている人に優しい言葉をかけてあげたり、手を差し伸べてあげたりする行為のことを思い浮かべる人が多いことと思います。
優しさとは「愛」そのものだと言う哲学者もいます。

しかし、自分が相手を思いやり、優しい気持ちで接したとしても、相手がそれを素直に受け取ってくれたり、喜んでくれるとは限りません。
もしかしたら、ひとりでそっとしておいてほしいと思っているかもしれませんし、周りから見れば困っているように見えても、実際には困っていないかもしれません。
誰かに声をかけられることで、迷惑に感じる人もいるかもしれないのです。
つまり、自分は優しい人間だという自己満足で終わってしまってはダメなのです。

「自分は優しくしているのだから、相手は喜んでいるに違いない」と思うのは、自分勝手な思い上がりであり、本当の優しさとは、相手の気持ちを理解してあげることがもっとも重要なのです。
「せっかく優しくしてあげたのに迷惑だなんてひどい」なんて思うのは、本当の優しさとは言えないのです。

優しさとお節介とは紙一重であり、別の意味の言動なのです。
常に相手の気持ちを思いやり、優しさの押し付けにならないように気をつけたいものです。

SDGsは、2030年に向けて、持続可能な社会の実現を目指し、理想的でより良い世界を創り出すために、国連が定めている世界共通の行動目標です。

SDGsの活動は、社会貢献活動の一つであり、誰かの幸せのため、誰かを喜ばせるための活動とも言えます。
単に目標設定をして、その達成のために行動すればよいというものではないのです。
あなたの活動が、誰かを苦しめ、誰かを不幸にする活動だとすれば、それはSDGsとはかけ離れた単なる自己満足な行動ということになるのです。

SDGsの活動をする際には、誰かを幸せにしているか、誰かを喜ばせているかという視点を常に意識するようにしてください。
それが本当の優しさであり、本当の意味での社会貢献につながるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。