偉人、著名人

24時間自分のやりたいことだけやって何が悪い。 それでも時間は全然足りないのに。

24時間、自分のやりたいことだけやって何が悪い。
それをやりつくしても、時間は全然足りないのに。
by山本恭子

あなたは時間を有効に使っていますか?

見出しの言葉は、画家の山本恭子氏の名言です。
芸術家らしい、エネルギーに満ちた力強いメッセージですね。

私たちは、それぞれ自分の人生を生きています。言わずもがなですが、私たちの人生には限りがあります。
人生とは、時間の流れそのものです。
時間は永遠に流れていきますが、私たちは永遠に続く時間の中の、ほんの僅かな期間だけ、この世の中で生きているわけです。
だからこそ、時間はかけがえのない貴重なモノなのです。
時間を無駄にするということは、人生を無駄にすることと同じ意味なのです。

山本恭子氏は、「24時間やりたいことだけやって何が悪い」と、力強いメッセージですが、見方を変えれば開き直るような言葉を発しています。
しかし、よくよく考えてみると、私たちの人生という時間は、いつ終りを迎えるかわかりません。
もしかしたら、あと残り少ないかもしれません。人生、いつ何が起きるかわかりませんからね。
そう考えると、やりたいことだけ一生懸命にやる。やりたくないことは一切やらないという生き方は、理にかなっており、この世に生まれてきた私たち人間の本質的価値なのかもしれません。

SDGsは、2030年に向けて理想的なより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
世界には、貧困や飢餓に苦しみ、教育や医療もまともに受けられない恵まれない人々がたくさんいます。
このことは、「やりたいこと」すら選ぶことができず、人間らしい豊かな生き方ができないということです。
先進国で生まれた私たちは、職業や教育など自分の人生を自分で選択することができますが、そうではない国で生きている人々は、自分の人生すら自分で切り開くことができないのです。
そういった恵まれない人々をどうすれば救済できるのか、私たちは真剣に考える必要があるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。