偉人、著名人

パンさえあれば、たいていの悲しみは乗り越えられる。byセルバンテス

パンさえあれば、たいていの悲しみは乗り越えられる。
byセルバンテス

あなたは、絶望したことがありますか?

タイトルの言葉は、「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスが説いた人生に対する教訓です。

私たち人間は、どんなにつらい状況に遭遇しても、どんなに悲しい出来事が起こっても、「パンさえあれば」、つまり生きていくことさえできれば、何とか乗り越えることができるのです。

人生で、本当に窮地に陥ったとき、まずは食べること、そして生き抜くことを優先しましょう。
人間、生きてさえいれば、何とかなるものです。死んでしまったらそれでその人の人生は終わりです。後悔することもできないのです。

生きてさえいれば、打開策が何か見つかるかもしれません。誰かが手を差し伸べてくれるかもしれません。自分で解決策が見つかるかもしれません。

もちろん、死ぬよりもつらいことがあるかもしれません。
しかし、どんなに絶望したとしても、死ぬことよりも深い絶望はないのです。

つらさや悲しみは、永遠には続きません。乗り越えられると信じて、生き抜きましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。