偉人、著名人

香水をつけない女性に未来はない。byココ・シャネル

香水をつけない女性に未来はない。
byココ・シャネル

あなたはおしゃれに気を遣っていますか?

タイトルの言葉は、シャネルで有名なフランスのファッションデザイナー ココ・シャネルの名言です。
香水をつけないなど、おしゃれに気を遣わない女性はダメだと断言しています。

ココ・シャネルは、フランスの女性ファッションデザイナーですが、女性は積極的に社会に進出し、自立すべきだと述べ、亡くなって50年以上経った今もなお、社会に大きな影響を与えています。

香水や化粧、ファッションなど、おしゃれもしない女性は、自立して社会に出ようという意識が低いと言えます。
家に閉じこもって家事だけをしている女性は、おしゃれをする必要もないからです。
社会に進出して積極的に人と関わるような活動をしている女性は、どうしても人に見られる立場になることから、おしゃれに気を遣うことになります。
ココ・シャネルは「女性よ、自立しなさい」と言っているのです。
女性の皆さん、思いっきりおしゃれをして、社会に出て大いに活躍しましょう。

もちろんこれは女性に限った話ではなく、男性にも同じことが言えます。
おしゃれや服装に気を遣わず、いつもだらしない格好をしている男性が仕事ができるはずがありません。
女性も男性も、大いにおしゃれをして社会に出れば、街も華やかになり、経済も良くなるのです。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの目標5には、「ジェンダー平等を実現しよう」が掲げられています。
シャネルが活躍していた時代は、まだまだ女性の社会進出が進んでおらず、仕事をしている女性が少なかったわけです。
現代は、女性の就業率はかなり高くなりましたが、管理職の割合や議員数など、まだまだ女性に対する差別や不当な扱いが続いています。
女性が社会で活躍するということは、女性がおしゃれをしてきれいになっていくことをも意味します。
社会を良くするためにも、経済を上昇させるためにも、これから先、女性の活躍はますます必要になってくるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。