偉人、著名人

お金持ちになる上で重要なことは必要、無駄を見極めて行動していくこと。

お金持ちになる上で重要なことは必要、無駄を見極めて行動していくこと。
byエミン・ユルマズ

あなたは、必要なもの、無駄なものを見極めて生活していますか?

タイトルの言葉は、トルコ出身のエコノミスト エミン・ユルマズ氏の名言です。
ユルマズ氏は、17歳で日本に留学し、東京大学を卒業した後、野村證券に入社し、エコノミスト、実業家として活躍している人です。
お金の使い方に関する深い名言ですね。

世の中にお金持ちと呼ばれる人はたくさんいるわけですが、お金持ちになれる人は、得てしてお金の使い方を熟知している人物とも言えます。
どんなものにお金を使うべきか、どんなものにお金を使ってはいけないかをきちんと見極めているからこそ、お金を貯めることができると言えるのです。

お金の使い方には、消費、浪費、投資の3つの要素があると言われていますが、お金を貯めることができる人は、投資にお金を使い、浪費するような使い方はあまりしないと言えます。
消費は、生きていく上で必要な経費なので、使わざるを得ませんが、それでも無駄な消費は浪費につながってしまうので、賢者であれば、無駄な消費もできるだけ避けるということになります。

投資といえば、株式等の有価証券や不動産を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、そうとは限りません。
将来に備えて、資格取得や学問を学ぶこと、健康のために身体を鍛えること、視野を広げるための海外留学等も広く捉えれば投資ということになります。

お金の使い方は、その人の生き方そのものを表していると言えます。
衝動買いや、欲しいモノ、流行しているモノにすぐ飛びついてしまうような人は、あまり賢い人とは言えないようです。
お金の使い方について、今一度よく考えてみるといいかもしれませんね。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
SDGsの目標設定や行動の際にもお金は必要になるわけですが、その際にも必要なものか無駄なものかをよく見極めて考えなければなりません。

SDGsは将来への投資とも言える活動なわけですが、全ての目標、行動が有意義なものとは限りません。
未来の地球と人類のため、本当に必要な行動なのかをよく考えて、目標設定、行動実践するようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。