偉人、著名人

人類永遠の課題は、起きている時間をどのように構成するかである。

人類永遠の課題は、起きている時間をどのように構成するかである。
byエリック・バーン

あなたは有意義な時間を過ごしていますか?

タイトルの言葉は、アメリカの精神科医 エリック・バーン氏の名言です。
時間の使い方に関する深い名言ですね。

私たちは、睡眠時間や病気などで入院している時間以外は、起きて何がしかの活動をしています。
その時間の使い方が人生そのものと言えるわけです。

毎日、一生懸命に書物を読んだり、学習をしている人もいれば、一生懸命に一つの仕事に没頭している人もいます。
また、ある人は、スポーツに打ち込んでいたり芸術を磨いている人もいることでしょう。
あるいは、それとは反対に勉強も仕事も運動もせず、毎日ダラダラと過ごしている人もいるかもしれません。

時間の使い方は、人それぞれ異なりますが、時間は私たち一人ひとりに平等に与えられたものであり、どう使うかは人それぞれ自分で決めていいわけです。
そして、時間の使い方そのものが、その人の人生そのものとなるわけです。

時間は永遠ではありません。私たちに残された命の時間には限りがあります。
時間をどう使うべきか、有意義な時間の使い方とは何か、もう一度考え直してはいかがでしょうか。

SDGsは、2030年に向けて、理想的でより良い世界を創り出すための世界共通の行動目標です。
私たちは、SDGsの目標達成に向かって行動を実践しなければなりませんが、そのために何をするべきか、どんな時間の使い方をするかを考えなければなりません。

過去のやり方をそのままダラダラと継続していたのでは、地球と人類の未来はやがて危機に陥ることになります。
未来の地球と人類のためにも、私たちは有意義な時間を使い、行動を起こさなければならないのです。
もう一度、地球の理想的な未来像を想像してみてください。
何をするべきかが見えてくるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。