偉人、著名人

もっとも暗い雲の下でも人間は清らかに美しく楽しく生きられる。 アン・サリヴァン

もっとも暗い雲の下でも人間は清らかに美しく楽しく生きられる。
by アン・サリヴァン

あなたはつらい状況のとき、どんな気持ちで生きていますか?

タイトルの言葉は、ヘレン・ケラーの家庭教師 サリヴァン先生の生きていく心構えを説いた名言です。

人間はどんなつらい状況になっても、絶望したり投げやりになってはいけません。
そんなときこそ、心清らかに、美しく、楽しく生きるべきなのです。

嘆き悲しんだり、みすぼらしい姿を見せるようなことは決してあなたのためにはなりません。
絶望するようなつらい状況のときこそ、前を向いて明るく堂々と胸を張って生きるべきなのです。
いつまでも嘆き悲しんでいても状況は好転しないのです。

見る、聞く、話すの三重苦だったヘレン・ケラーの家庭教師、サリヴァン先生の前向きで勇気の出る素晴らしい名言ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。